第6回 K&Sコミュニケーション講座 仙台
17,000.00 - 20,000.00
テーマ:『愛・命・光 ∞ LOVE LIFE LIGHT』
日時:2019年11月17日(日) 10時 - 16時(9時45分開場)※自由席となります
場所:PARM-CITY 131貸会議室 Room 5C
住所:仙台市青葉区一番町3丁目1-16
地図:http://www.tsuchiya-estate.com/20_palmcity/map/images/5c_map.pdf
料金:一般 20,000円 SAC会員 17,000円
お支払:VISA/MASTER/AMEX 銀行振込
休憩:昼休憩は45分となります
会場内でのご飲食も可能です

講座終了後17:30から交流会を開催します
参加ご希望の方は合わせてお申込みください
飲食代 3500 - 4000円程度
(当日現金でお支払いください)
場所 New Airy
電力ビル本館 1F
http://www.hoshiyama.co.jp/new-airy/access.html

連絡先:sacredawakeningcircle@gmail.com

キャンセル規定
予約2日前 30%
予約前日 50%
予約当日 100%
Select an option
Quantity
Coming soon
Product Options
一般
一般 & 交流会
SAC会員
SAC会員 & 交流会
Quantity
1
Coming soon
More Details
K&Sコミュニケーション講座は、深瀬啓介(K)と富田しょう(S)の二人がガイド(Holy Spirit)とのコミュニケーションを通して様々な視点から、この世界の「現実」についての捉え方やドリーミングの世界を踏まえてこの現実で起きていることやその仕組みをガイドとのコミュニケーションを通じてお話しする一日講座です。
第6回となる今回のテーマは『愛と命と光』。愛と命と光は本来、同じものである、というガイドからのメッセージを紐解いていくと、私たちの世界を観る視点も変わって来ます。なぜ私たちは愛の体験を何度も何度もガイドから渡されるのか、私たちはそこから何を受け取っているのかを解説します。
講座終了後の交流会ではゆっくりお食事を楽しみながら愛と命と光の体験を深めていきましょう。*お食事はコースメニューとなっておりテーブル毎にお料理を皆で取り分けていただくスタイルです。ベジタリアン・ヴィーガンのお食事をご希望される方はお申し込みの際にお知らせください。
--------------
こんにちは、今年も仙台でK&Sを開催できることを嬉しく思います! 
今回のテーマは「愛と命と光」です。とても本質的なテーマですし、これが癒しの答えだと確信しています!! 
「愛と命と光」というのは本来の「自己」の状態のことです。この世界がどれほどエゴの視点で創られた幻想であったとしても、その裏側には「愛と命と光」が満ち溢れています。 
残念なことに、私たちはそれを見ることも聞くことも出来ないために証明することも出来ません。でも、客観的な証明が出来なくても、そこに確信を持つことは可能です。 
なぜなら、どんなにエゴの幻想が強くても、私たちには既に救いの力が与えられているからです。それが「ガイド」という「源(source)」の作用です。 
実は、ガイドも「源」も「愛と命と光」です。そのため実際には「愛と命と光」以外のものは“無い”のです。このことを知るのが癒しの第一歩なのです。 
恐れを感じて癒すことは出来ませんし、恐れを切り離して癒すこともできません。私たちは「愛と命と光」の中で穏やかに恐れが消えていくことを通して癒されていくのです。 
そして癒しを行うのがガイドの働きです。 
愛情というより「愛」、生物というより「命」、光と闇ではない「光」。「愛と命と光」という全一性をガイドに思い出させてもらいましょう! 
深瀬 啓介
------------
第六回K&Sコミュニケーション講座   愛と命と光 
私たちは愛の中に存在しています。 
私たちの生活は命にあふれています。 
私たちの意識は光に満ちています。 
「私」という存在は始めから終わりまで愛と命と光であると言えます。 
人間の一生は、愛と命と光を見出すことである、とも言えます。 
私たちは元々、愛と命と光なのに、なぜそれを人生をかけて見出そうとするのでしょうか。
 私たちは忘れるからです。 
私たちは愛と共にあることを忘れ、私たちは命そのものであることを忘れ、私たちは大いなる光の一部であることを忘れます。 
K&Sコミュニケーション講座では、愛と命と光というこの世界を形作る三つの基本的な要素が全く同じものであり、私たちそのものであるということを明らかにします。 
なぜ私たちが忘れるのか、なぜ私たちは思い出すのか、なぜ私たちは愛と一体なのかを知る一日となります。
富田しょう
 
All Posts
×